Bewise Inc. www.tool-tool.com Reference source from the internet.

1.適用範囲

この規格は、熱間圧延又は鍛造によって造られた高速度工具鋼鋼材(以下、鋼材という。)について規定する。

備考: この規格の対応国際規格を、次に示す。なお、対応の程度を表す記号は、ISO/ITEC Guide21 に基づき、IDT(一致している)、MOD(修正している)、NEQ(同等でない)とする。

ISO 4957:1999, Tool steels (MOD)



2.引用規格

次に掲げる規格は、この規格に引用されることによって、この規格の規定の一部を構成する。これらの引用規格は、その最新版(追補を含む。)を適用する。

  • JIS G 0320 鋼材の溶鋼分析方法
  • JIS G 0321 鋼材の製品分析方法及びその許容変動値
  • JIS G 0404 鋼材の一般受渡し条件
  • JIS G 0415 鋼及び鋼製品 - 検査文書
  • JIS G 0553 鋼のマクロ組織試験方法
  • JIS G 0555 鋼の非金属介在物の顕微鏡試験方法
  • JIS G 0556 鋼の地きずの肉眼試験方法
  • JIS G 0558 鋼の脱炭層深さ測定方法
  • JIS G 0565 鉄鋼材料の磁粉探傷試験方法及び磁粉模様の分類
  • JIS G 3191 熱間圧延棒鋼とバーインコイルの形状、寸法及び質量並びにその許容差
  • JIS G 3193 熱間圧延鋼板及び鋼帯の形状、寸法、質量及びその許容差
  • JIS G 3194 熱間圧延平鋼の形状、寸法、質量及びその許容差
  • JIS Z 2243 ブリネル硬さ試験 - 試験方法
  • JIS Z 2244 ビッカース硬さ試験 - 試験方法
  • JIS Z 2245 ロックウェル硬さ張試験 - 試験方法
  • JIS Z 2344 金属材料のパルス反射法による超音波探傷試験方法通則

ページUP▲

3.種類及び記号

高速度工具鋼鋼材の種類は 15種類とし、その記号は 表1 による。

表1 種類の記号
種類の記号 分類
SKH2
SKH3
SKH4
SKH10
タングステン系高速度工具鋼鋼材
SKH40 粉末や(治)金で製造したモリブデン系、高速度工具鋼鋼材
SKH50
SKH51
SKH52
SKH53
SKH54
SKH55
SKH56
SKH57
SKH58
SKH59
モリブデン系高速度工具鋼鋼材
参考: JISの種類の記号と対応する ISO の記号を 附属書1 に示す。


4.製造方法

高速度工具鋼鋼材の製造方法は、次による。
  1. 高速度工具鋼鋼材は、キルド鋼から製造する。
  2. 高速度工具鋼鋼材は、特に指定のない限り鍛錬成形比 6S以上に圧延又は鍛造する。但し、鋼材寸法の関係から 6S未満となる場合は、据込み鍛錬によって補うことができる。
  3. 高速度工具鋼鋼材には、焼なましを行う。
参考: 鍛錬成形比の表し方は、JIS G 0701(鋼材鍛錬作業の鍛錬成形比の表し方) による。


5.化学成分

高速度工具鋼鋼材は、11.1 の試験を行い、その溶鋼分析値は、表2 による。ただし、粉末や(治)金、ESR(エレクトロスラグ再溶解)など溶鋼分析試料が採取できない高速度工具鋼鋼材の場合は、11.1 の試験を行い、その製品分析値は、表2 による。

表1 高速度工具鋼鋼材の化学成分 (単位 : %)
種類の記号 化学成分(1)(2 用途例(参考)
C Si Mn P S Cr Mo W V Co
SKH2 0.73~
0.83
0.45
以下
0.40
以下
0.030
以下
0.030
以下
3.80~
4.50
- 17.20~
18.70
1.00~
1.20
- 一般切削用、
その他各種工具
SKH3 0.73~
0.83
0.45
以下
0.40
以下
0.030
以下
0.030
以下
3.80~
4.50
- 17.00~
19.00
0.80~
1.20
4.50~
5.50
高速重切削用、
その他各種工具
SKH4 0.73~
0.83
0.45
以下
0.40
以下
0.030
以下
0.030
以下
3.80~
4.50
- 17.00~
19.00
1.00~
1.50
9.00~
11.00
難削材切削用、
その他各種工具
SKH10 1.45~
1.60
0.45
以下
0.40
以下
0.030
以下
0.030
以下
3.80~
4.50
- 11.50~
13.50
4.20~
5.20
4.20~
5.20
高難削材切削用、
その他各種工具
SKH40 1.23~
1.33
0.45
以下
0.40
以下
0.030
以下
0.030
以下
3.80~
4.50
4.70~
5.30
5.70~
6.70
2.70~
3.20
8.00~
8.80
硬さ、じん性、耐磨耗性
を必要とする一般切削用、
その他各種工具
SKH50 0.77~
0.87
0.70
以下
0.40
以下
0.030
以下
0.030
以下
3.50~
4.50
8.00~
9.00
1.40~
2.00
1.00~
1.40
- じん性を必要とする
一般切削用、
その他各種工具
SKH51 0.80~
0.88
0.45
以下
0.40
以下
0.030
以下
0.030
以下
3.80~
4.50
4.70~
5.20
5.90~
6.70
1.70~
2.10
-
SKH52 1.00~
1.10
0.45
以下
0.40
以下
0.030
以下
0.030
以下
3.80~
4.50
5.50~
6.50
5.90~
6.70
2.30~
2.60
- 比較的じん性を必要と
する高硬度材切削用、
その他各種工具
SKH53 1.15~
1.25
0.45
以下
0.40
以下
0.030
以下
0.030
以下
3.80~
4.50
4.70~
5.20
5.90~
6.70
2.70~
3.20
-
SKH54 1.25~
1.40
0.45
以下
0.40
以下
0.030
以下
0.030
以下
3.80~
4.50
4.20~
5.00
5.20~
6.00
3.70~
4.20
- 高難削材切削用、
その他各種工具
SKH55 0.87~
0.95
0.45
以下
0.40
以下
0.030
以下
0.030
以下
3.80~
4.50
4.70~
5.20
5.70~
6.70
1.70~
2.10
4.50~
5.00
比較的じん性を必要と
する高速重切削用、
その他各種工具
SKH56 0.85~
0.95
0.45
以下
0.40
以下
0.030
以下
0.030
以下
3.80~
4.50
4.70~
5.20
5.90~
6.70
1.70~
2.10
7.00~
9.00
SKH57 1.20~
1.35
0.45
以下
0.40
以下
0.030
以下
0.030
以下
3.80~
4.50
3.20~
3.90
9.00~
10.00
3.00~
3.50
9.50~
10.50
高難削材切削用、
その他各種工具
SKH58 0.95~
1.05
0.70
以下
0.40
以下
0.030
以下
0.030
以下
3.50~
4.50
8.20~
9.20
1.50~
2.10
1.70~
2.20
- じん性を必要とする
一般切削用、
その他各種工具
SKH59 1.05~
1.15
0.70
以下
0.40
以下
0.030
以下
0.030
以下
3.50~
4.50
9.00~
10.00
1.20~
1.90
0.90~
1.30
7.50~
8.50
比較的じん性を必要と
する高速重切削用、
その他各種工具
注(1) 表2に規定のない元素は、受渡当事者間の協定がない限り、溶鋼を仕上る目的以外に意図的に添加してはならない。
注(2) 各種類とも不純物として Cu は、0.25% を超えてはならない。

ページUP▲


6.焼なまし硬さ

高速度工具鋼鋼材の焼なまし硬さは、11.2 の試験を行い、表3 による。ただし、ブリネル硬さの測定が困難な高速度工具鋼鋼材については、ロックウェル硬さ又はビッカース硬さによることができる。この場合、硬さの値は、受渡当事者間の協定による。

表3 高速度工具鋼鋼材の焼なまし硬さ
種類の記号 焼なまし温度
焼なまし硬さ
HBW
SKH2
SKH3
SKH4
SKH10
820~880 徐冷
840~900 徐冷
850~910 徐冷
820~900 徐冷
269以下
269以下
285以下
285以下
SKH40 800~880 徐冷 302以下
SKH50
SKH51
SKH52
SKH53
SKH54
SKH55
SKH56
SKH57
SKH58
SKH59
800~880 徐冷
800~880 徐冷
800~880 徐冷
800~880 徐冷
800~880 徐冷
800~880 徐冷
800~880 徐冷
800~880 徐冷
800~880 徐冷
800~880 徐冷
262以下
262以下
262以下
269以下
269以下
269以下
285以下
293以下
269以下
277以下


7.焼入焼戻し硬さ

11.2 によって採取した焼入焼戻し硬さ試験片に、表4 に示す温度で焼入れ焼戻しを行った場合の焼入焼戻し硬さは、表4 による。ただし、試験片の熱処理温度の許容範囲は、焼入れ処理、焼戻し処理とも 表4 の温度±10℃とする。

表4 試験片の焼入焼戻し硬さ
種類の記号 熱処理温度 ℃ 焼入焼戻し硬さ
HRC
焼入れ 焼戻し
SKH2
SKH3
SKH4
SKH10
1260 油冷
1270 油冷
1270 油冷
1230 油冷
560 空冷
560 空冷
560 空冷
560 空冷
63以上
64以上
64以上
64以上
SKH40 1180 油冷 560 空冷 65以上
SKH50
SKH51
SKH52
SKH53
SKH54
SKH55
SKH56
SKH57
SKH58
SKH59
1190 油冷
1220 油冷
1200 油冷
1200 油冷
1210 油冷
1210 油冷
1210 油冷
1230 油冷
1200 油冷
1190 油冷
560 空冷
560 空冷
560 空冷
560 空冷
560 空冷
560 空冷
560 空冷
560 空冷
560 空冷
550 空冷
63以上
64以上
64以上
64以上
64以上
64以上
64以上
66以上
64以上
66以上
備考: 各種類とも焼戻しは、2回繰り返す。


8.外観

高速度工具鋼鋼材の外観は仕上げ良好で、使用上有害なきずがあってはならない。
ページUP▲


9.寸法及びその許容差

9.1 標準寸法
熱間圧延丸鋼の標準径は、表5 による。
表5 標準径 (単位 : mm)
10、 11、 12、 13、 14、 15、 16、 17、 18、 19、 20、 21、 22、 23、 24、 25、 26、
27、 28、 29、 30、 32、 34、 36、 38、 40、 42、 44、 46、 48、 50、 55、 60、 65、 70
備考: 表5 は、断面形状が円形の線材及びバーインコイルにも適用できる。

9.2 寸法の許容差
熱間圧延丸鋼の径の許容差は、表6 による。
表6 径の許容差 (単位:mm)
径の許容差 偏径差(3
10以上 16未満 +0.6
-0.3
径の許容差範囲
の70%以下
16以上 30未満 +0.7
-0.3
30以上 150以下 +2.5%
-1.0%
注(3) 偏径差とは、丸鋼の同一断面における径の最大値と最小値との差をいう。
備考1.径が10mm未満及び70mmを超える丸鋼の許容差は、受渡当事者間の協定による。
備考2.表6は、断面形状が円形の線材及びバーインコイルにも適用できる。


9.3 熱間圧延丸鋼以外の高速度工具鋼鋼材の寸法及びその許容差
熱間圧延丸鋼以外の高速度工具鋼鋼材の寸法及びその許容差は、受渡当事者間の協定による。


10.脱炭層深さ

高速度工具鋼鋼材の脱炭層深さの測定は 11.3 によって行い、熱間圧延丸鋼の脱炭層深さの許容限度は、表7 による。丸鋼以外の高速度工具鋼鋼材の脱炭層深さの許容限度は、受渡当事者間の協定による。

表7 熱間圧延丸鋼の脱炭層深さの許容限度 (単位:mm)
許容限度
15未満
15以上 25未満
25以上 50未満
50以上 70以下
0.30
0.50
0.80
1.10
備考1.径が70mmを超える丸鋼の脱炭層深さの許容限度は、受渡当事者間の協定による。
備考2.表7は、断面形状が円形の線材及びバーインコイルにも適用できる。

ページUP▲


11.試験

11.1 分析試験
11.1.1 分析試験の一般事項及び分析試料の採り方
化 学成分は、溶鋼分析によって求め、分析試験の一般事項及び分析試料の採り方は、JIS G 0404 の 8.(化学成分) による。ただし、5. によって製品分析を行う場合の分析試料は、鋼塊、鋼片又は製品から採取する。この場合の製品分析試料の採り方は、JIS G 0321 の 4.(分析用試料採取方法) による。
11.1.2 分析方法
溶鋼分析の方法は、JIS G 0320 による。製品分析の方法は、JIS G 0321 による。

11.2 硬さ試験
硬さ試験は、次による。
11.2.1
焼なましを行った高速度工具鋼鋼材の硬さの測定は、高速度工具鋼鋼材の任意の箇所とする。
11.2.2
焼入焼戻し硬さ試験の供試材の数は、同一溶鋼、同一熱処理条件ごとに1個とする。
11.2.3
焼入焼戻し硬さ試験片は、11.2.2 によって採取した供試材を約15mm角又は丸、長さ約20mmに機械加工する。厚さ又は径が15mm以下のときの試験片は、それぞれの厚さ×約15mm×約20mm又は、径×約20mmの寸法とする。
また、この寸法の試験片の採取が困難なときは、受渡当事者間の協定による。
11.2.4
試験方法は、次のいずれかによる。
JIS Z 2243、 JIS Z 2244、 JIS Z 2245

11.3 脱炭層深さの測定
脱炭層深さの測定方法は、JIS G 0558 の 4.2(硬さ試験による測定方法) による実用脱炭層深さ(DH-P) による。
この場合、試験片の熱処理は 表4 によって行い、実用脱炭層深さは、表4 に示す硬さに達するまでの表面からの深さとする。


12.検査
12.1 検査
高速度工具鋼鋼材の検査は、次による。
  1. 検査の一般事項は、JIS G 0404 による。
  2. 化学成分は、5.に適合しなければならない。
  3. 焼なまし硬さは、6.に適合しなければならない。
  4. 焼入焼戻し硬さは、7.に適合しなければならない。
  5. 外観は、8.に適合しなければならない。
  6. 寸法及びその許容差は、9.に適合しなければならない。
  7. 脱炭層深さは、10.に適合しなければならない。

12.2 その他の検査
12.1 に規定する検査のほかに、受渡当事者間の協定によって、次の検査を指定してもよい。
【 マクロ組織検査、非金属介在物検査、地きず検査、磁粉探傷検査、超音波探傷検査、顕微鏡組織検査 】
顕微鏡組織検査を除く検査のための試験方法は、それぞれ次による。
  • マクロ組織検査 JIS G 0553
  • 非金属介在物検査 JIS G 0555
  • 地きず検査 JIS G 0556
  • 磁粉探傷検査 JIS G 0565
  • 超音波探傷検査 JIS Z 2344
顕微鏡組織検査の試験方法は、受渡当事者間の協定による。
なお、供試材及び試験片の採取位置、合否判定基準などについては、あらかじめ受渡当事者間で協定しなければならない。

ページUP▲


13.表示

高 速度工具鋼鋼材の表示は、高速度工具鋼鋼材ごとに、次に項目を適切な方法で表示しなければならない。ただし、鋼板、鋼 帯、平鋼及び径又は対辺距離が30mm未満の棒鋼及び線材は、これを結束して、1束ごとに適切な方法で表示してもよい。また、注文者の承認を得た場合に は、次の一部を省略してもよい。
  1. 種類の記号
  2. 溶鋼番号又はその製造(検査)番号
  3. 寸法(4
  4. 数量又は質量
  5. 製造業者名又はその略号
注(4) 寸法の表し方は、JIS G 3191、 JIS G 3193 及び JIS G 3194 による。


14.報告

JIS G 0404 の 13.(報告) による。ただし、注文時に特に指定がない場合は、検査文書の種類は JIS G 0415 の 表1(検査文書の総括表) の 記号 2.3(受渡試験報告書) 又は 3.1.B(検査証明書 3.1.B) とする。
なお、12.2 についての報告は、受渡当事者間の協定による。



【附属書1(参考) JISと国際規格の種類の記号の対応】

この附属書は、本体に関連する事柄を補足するもので、規定の一部ではない。
1.JISと国際規格の種類の記号の対応
JISの種類の記号と化学成分が同等又は類似の国際規格(ISO 4957:1999) の種類の記号を 附属書1表1 に対比して示す。
附属書1表1 JISと国際規格の種類の記号の対応
種類の記号 分類
JIS ISO
SKH2
SKH3
SKH4
SKH10
HS18-0-1
-
-
-
タングステン系高速度工具鋼鋼材
SKH40 HS6-5-3-8 粉末や(治)金で製造したモリブデン系、高速度工具鋼鋼材
SKH50
SKH51
SKH52
SKH53
SKH54
SKH55
SKH56
SKH57
SKH58
SKH59
HS1-8-1
HS6-5-2
HS6-6-2
HS6-5-3
HS6-5-4
HS6-5-2-5
-
HS10-4-3-10
HS2-9-2
HS2-9-1-8
モリブデン系高速度工具鋼鋼材


【附属書2(参考) JISと対応する国際規格の種類】 (表は割愛)


BW Bewise Inc. Willy Chen willy@tool-tool.com bw@tool-tool.com www.tool-tool.com skype:willy_chen_bw mobile:0937-618-190 Head &Administration Office No.13,Shiang Shang 2nd St., West Chiu Taichung,Taiwan 40356 TEL:+886 4 24710048 / FAX:+886 4 2471 4839 N.Branch 5F,No.460,Fu Shin North Rd.,Taipei,Taiwan S.Branch No.24,Sec.1,Chia Pu East Rd.,Taipao City,Chiayi Hsien,Taiwan

Welcome to BW tool world! We are an experienced tool maker specialized in cutting tools. We focus on what you need and endeavor to research the best cutter to satisfy users demand. Our customers involve wide range of industries, like mold & die, aerospace, electronic, machinery, etc. We are professional expert in cutting field. We would like to solve every problem from you. Please feel free to contact us, its our pleasure to serve for you. BW product including: cutting toolaerospace tool .HSS Cutting toolCarbide end millsCarbide cutting toolNAS Cutting toolCarbide end millAerospace cutting toolФрезерыCarbide drillHigh speed steelMilling cutterCVDD(Chemical Vapor Deposition Diamond )PCBN (Polycrystalline Cubic Boron Nitride) Core drillTapered end millsCVD Diamond Tools Inserts’PCD Edge-Beveling Cutter(Golden Finger’PCD V-Cutter’PCD Wood tools’PCD Cutting tools’PCD Circular Saw Blade’PVDD End Mills’diamond tool Single Crystal Diamond Metric end millsMiniature end millsСпециальные режущие инструменты Пустотелое сверло Pilot reamerFraisesFresas con mango PCD (Polycrystalline diamond) FreseElectronics cutterStep drillMetal cutting sawDouble margin drillGun barrelAngle milling cutterCarbide burrsCarbide tipped cutterChamfering toolIC card engraving cutterSide cutterNAS toolDIN toolSpecial toolMetal slitting sawsShell end millsSide and face milling cuttersSide chip clearance sawsLong end millsStub roughing end millsDovetail milling cuttersCarbide slot drillsCarbide torus cuttersAngel carbide end millsCarbide torus cuttersCarbide ball-nosed slot drillsMould cutterTool manufacturer.

Bewise Inc. www.tool-tool.com

BW специализируется в научных исследованиях и разработках, и снабжаем самым высокотехнологичным карбидовым материалом для поставки режущих / фрезеровочных инструментов для почвы, воздушного пространства и электронной индустрии. В нашу основную продукцию входит твердый карбид / быстрорежущая сталь, а также двигатели, микроэлектрические дрели, IC картонорезальные машины, фрезы для гравирования, режущие пилы, фрезеры-расширители, фрезеры-расширители с резцом, дрели, резаки форм для шлицевого вала / звездочки роликовой цепи, и специальные нано инструменты. Пожалуйста, посетите сайт www.tool-tool.com для получения большей информации.

BW is specialized in R&D and sourcing the most advanced carbide material with high-tech coating to supply cutting / milling tool for mould & die, aero space and electronic industry. Our main products include solid carbide / HSS end mills, micro electronic drill, IC card cutter, engraving cutter, shell end mills, cutting saw, reamer, thread reamer, leading drill, involute gear cutter for spur wheel, rack and worm milling cutter, thread milling cutter, form cutters for spline shaft/roller chain sprocket, and special tool, with nano grade. Please visit our web www.tool-tool.com for more info.

Posted by beeway at 痞客邦 PIXNET 留言(0) 引用(0) 人氣()